タグ別アーカイブ: ハモ

秋の香り「松茸とハモの土瓶蒸し」を歌舞伎町の隠れ家で。。。@新宿なごみ

秋の味覚「秋刀魚」・「松茸」・「銀杏」・「戻りガツオ」などなど続々と入荷致しております。

和食の命でもある「自慢の一番ダシ」に秋の香り「松茸」や「新銀杏」が入った「松茸とハモの土瓶蒸し」が今年も登場致しました。

まさか新宿の歌舞伎町で美味しい土瓶蒸しが食べられる訳がないとお思いのお客様!!!是非、当店自慢の土瓶蒸しをご賞味下さいませ(笑)

一番ダシが無くなり次第、その日の販売は終了とさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

接待や会食・デートに、歓送迎会など各種ご宴会に、ご予約をお待ち申し上げております。

旬の味覚と利き酒師お勧めの日本酒の数々を歌舞伎町の隠れ家「新宿なごみ」でお楽しみ下さい。

松茸とハモの土瓶蒸し

新秋刀魚

東京随一の歓楽街 新宿歌舞伎町で夏の京料理の代名詞、活〆鱧の「鱧しゃぶしゃぶ(鱧すき鍋)」をご堪能ください。@新宿なごみ

新宿歌舞伎町では珍しく思われるかもしれませんが…当店「新宿なごみ」では、鱧料理の数々をご用意させて頂いております。もちろん骨切りされた鱧は仕入れておりません(笑)

今回ご紹介させて頂くのは、夏季限定の鍋料理「鱧しゃぶしゃぶ(鱧すき鍋)」。

和食の命、自慢の一番ダシに醤油・酒・味醂などで上品に味付けをさせて頂いた割り下に、活〆の骨切りをされた鱧を「しゃぶしゃぶ」と泳がせて頂き、鱧しゃぶしゃぶには必要不可欠と言われる「玉ねぎ」などから出る野菜の旨味と共に「自家製の柚子胡椒」でお召し上がりください!!!

熱々の鍋料理とキンキンに冷えたプレモル超達人店の生ビール「神泡。」と共にあ、暑い夏を乗り切って下さいませ!

利き酒師お勧めの夏限定の日本酒などと合わせて頂いても美味しくお召し上がり頂けます。

他、鱧の湯引き(梅肉醤油)・鱧の炙り(レモン塩)・鱧と夏野菜の涼風寄せなど、鱧鍋以外の鱧料理も新宿歌舞伎町の隠れ家でご堪能下さいませ。

接待や会食・デートに、歓送迎会や同窓会など各種ご宴会に、ご予約をお待ち申し上げております。

※鱧しゃぶしゃぶ(鱧すき鍋)に関しましては、ご予約制となります。【一人前3,800円】

鱧しゃぶしゃぶ(鱧すき鍋)

新メニュー「鱧(ハモ)と夏野菜の涼風寄せ」@新宿なごみ

夏の京料理の代名詞と言えば「鱧(ハモ)」でございますが、定番の「鱧の湯引き 梅肉醤油」や「鱧しゃぶしゃぶ」などの他、「鱧の炙り レモン塩」や今シーズンより「鱧と夏野菜の涼風寄せ」が登場!

関東のお客様ですと、湯引きは淡泊な味だと思われがちで鱧を毛嫌いされる方もちらほらとお見受け致します。そんな中で、「鱧と夏野菜の涼風寄せ」は、和食の醍醐味である「お出汁」を使い、フレンチでいうテリーヌのように鱧と夏野菜をジュレに閉じ込めた逸品となります。

見た目もさることながら夏を代表する海の幸・山の幸を使った「寄せ」で涼をお楽しみ下さいませ。

まだまだ暑い夏が始まったばかりですが、新宿歌舞伎町の割烹居酒屋「新宿なごみ」で旬の味覚と利き酒師お勧めの日本酒の数々をお楽しみ下さいませ。

鱧と夏野菜の涼風寄せ

夏の京料理の風物詩「鱧(ハモ)」を新宿歌舞伎町の隠れ家「新宿なごみ」で!

異常な暑さの陽気が続いております。夏バテ防止のため、栄養価が高く、古くから食べられてきた食材が日本には多く存在します。特に長い食材(ハモ・うなぎ・どじょう・穴子など)は夏の代名詞として、また鱧(ハモ)は小骨が多く、熟練された調理技術が必要な食材としても有名で、自店で鱧の骨切りを行っているお店は非常に少ないのが現状です。もちろん「新宿なごみ」では料理長自らが捌き、骨切りを行っておりますのでご安心ください(笑)!!!

「新宿なごみ」では毎年夏場には、活け〆の鱧(ハモ)料理をご用意致しております。代表される「鱧湯引き 梅肉醤油」や「鱧しゃぶ」のほか、「鱧の炙り レモン塩」・「鱧と夏野菜の涼風寄せ」などをご用意致しております。

是非、京都に行かずとも、新宿歌舞伎町の和食割烹居酒屋「新宿なごみ」で夏の風物詩「鱧料理」をご堪能下さい。

その他、「新宿なごみ」では蒸してから焼き上げた関東風の「うなぎ」を蒲焼き・白焼き、もしくは蒲焼き丼(小)など、天然の岩牡蠣や初ガツオ・冬瓜などなど海の幸・山の幸をご用意致しましてご予約をお待ち申し上げております。

旬の味覚と自慢の料理の数々を、利き酒師お勧めの日本酒や20種類以上もの本格焼酎、歌舞伎町で唯一のプレモル超達人認定店の生ビールなどの美酒と共にお楽しみ下さい。

接待や会食・デートに…各種ご宴会に、ご予約をお待ち申し上げております。

鱧料理

うなぎ(蒲焼き・白焼き)2色盛り合わせ

土用の丑の日も「新宿なごみ」で鰻をご用意!歌舞伎町の隠れ家で「鰻(うなぎ)の白焼きや蒲焼き」を摘みに日本酒を一杯!!!

いよいよ東京は梅雨明けし、連日30度を超える真夏日が続いております。サッカーワールドカップも大盛り上がりで寝不足なのに眠れない夜をお過ごしの方も多いのではないでしょうか(笑)

そんな季節に人気のスタミナ料理が「鰻(うなぎ)」料理です!優れた栄養価を多く持ち合わせて、夏バテ解消や疲労回復にもってこいの鰻。

当店「新宿なごみ」では、関東風に焼き上げているため、ふっくらとした焼き上がりをお楽しみ頂けるだけでなく、定番の「鰻の蒲焼き」の他に、「鰻の白焼き」の二種類を贅沢にご賞味頂くことが出来ます!もちろん自家製の蒲焼きのタレで焼き上げた「鰻の蒲焼き」も美味ですが、「鰻の白焼き」は生臭さや泥臭さが残っている鰻では美味しく召し上がって頂けません。それくらい白焼きは鰻の質の良さが直接味に出てしまう難しいものですので、是非「新宿なごみ」の「うなぎ料理」を利き酒師お勧めの日本酒と共に楽しんでみては如何でしょうか!?

2018年度の「土用の丑の日」は2回。7月20日(金曜)と8月1日(水曜)となっております。特に「土用の丑の日」に関しましては、お席のご予約の他に「うなぎ」のご予約を頂かないと売り切れとなってしまう可能性がございますので、予めご注意下さいませ。※うなぎの蒲焼き丼(小)のご用意もございます。

うなぎ(蒲焼き・白焼き)2色盛り合わせ

その他、和食ならではの夏の味覚「岩牡蠣・じゅんさい・茄子・鮎・冬瓜・鰹・ハモ」などなど旬の味覚と自慢の料理をご用意致しましてご予約をお待ち申し上げております。

接待や・会食・デートに…同窓会や歓送迎会など各種ご宴会に…自慢の鰻料理をと夏の味覚、利き酒師お勧めの日本酒などお楽しみ下さい。

お勧め!北海道を代表する幻のブランド牡蠣「仙鳳趾の牡蠣」が今年も入荷!

夏の岩牡蠣のシーズンが終わり、いよいよ真牡蠣のシーズン到来です!牡蠣好きにはたまらない季節になって参りました!

新宿なごみでは、北海道を代表する幻のブランド牡蠣「仙鳳趾(センポウシ)の生牡蠣」が入荷致しました!解禁の期間が短く出荷量も少ないため、幻の牡蠣とも呼ばれております。

その特徴は先ず身の大きさ!仙鳳趾の牡蠣は一年中出回っている厚岸産の牡蠣とはまるで別物!岩牡蠣と間違える程のサイズです!ちなみに仙鳳趾と厚岸は隣同士です(笑)

大粒なのに冷たく荒い海で鍛え上げられたぷりっぷり、その味は独特の濃い味(クリーミーさ)が特徴です!

仙鳳趾(センポウシ)とは元々アイヌの言葉で「小魚が多くいるところ」と言う意味で、その言葉からも栄養豊かな水質で育った事が伺えますね!

是非とも僅かな期間しか楽しめない「仙鳳趾の生牡蠣」を日本酒のソムリエ「利き酒師」お勧めの美酒と共にお楽しみ下さいませ!!!

その他、秋を代表する「松茸とハモの土瓶蒸し・松茸の茶碗蒸し・新秋刀魚(塩焼き・姿造り)・新銀杏・焼きキノコ・秋茄子」などなど、秋のひやおろしと共に食欲の秋をお楽しみ下さいませ。

接待・会食・デートに…歓送迎会・忘年会・各種ご宴会に、ご予約をお待ち申し上げております!

新宿なごみ

03-6233-7721

歌舞伎町の隠れ家で、秋の味覚「松茸」料理をご堪能ください【土瓶蒸し・茶碗蒸し・しゃぶしゃぶetc】

秋の味覚と言えば、新秋刀魚・新銀杏・秋茄子・きのこ・秋鮭・ハモ・秋鯖などなど!

「食欲の秋」と呼ぶに相応しい脂の乗った海の幸や、香りの高い山の幸の数々の季節がいよいよ始まりました!!!その中でも、秋の香りが立ち込める代表として挙げられるのが、やはり「松茸」ではないでしょうか。

「新宿なごみ」では、和食料理屋として、職人として、鰹節と昆布の一番ダシを丁寧に引いております。自慢のダシを使っているからこそ出せる本物の旨味を、秋の香り高い「松茸」と共に自慢の料理の数々をお楽しみ下さい。

【9月のおすすめ】

★松茸とハモの土瓶蒸し(2,300円)

★松茸の茶碗蒸し(1,860円)

★松茸とハモのしゃぶしゃぶ※要予約(1人前6,800円)

★ハモの湯引き 梅肉醤油/ハモの炙り レモン塩(1,800円)

★新秋刀魚 姿造り/たたき/塩焼き(1,300円)

★新銀杏 素揚げ(1,200円)

★焼きキノコの盛り合わせ(1,100円)

★活 岩牡蠣(2,000円)

★秋茄子の煮びたし(680円)

★秋サバの酢〆/炙り〆サバ(1,200円)

etc

秋の味覚と自慢の料理を、利き酒師お勧めの秋の日本酒「ひやおろし」と共にお楽しみ下さい。

接待や会食、デートに…歓送迎会・忘新年会に…ご予約をお待ち申し上げております。

秋の代名詞「新秋刀魚」入荷!歌舞伎町の隠れ家で接待・会食にご利用ください!

いよいよ8月も終わり、秋の装いとなって参りました。「新宿なごみ」では秋の代名詞「新秋刀魚」が今年も入荷!

ふっくらと美味しく焼き上げるために、遠火でじっくりと焼き上げた「新秋刀魚の塩焼き」、鮮度を考えプリプリでご用意した「新秋刀魚の姿造り」をご用意致しております。

その他、毎年予約必須の「松茸とハモの土瓶蒸し」は、和食の命でもある「一番ダシ」を使用しているからこそ本物の味をお楽しみ頂ける逸品となっております。自慢の一番ダシと香り高い秋の味覚の数々をお楽しみ下さいませ。

秋の味覚に負けない力強い日本酒の数々もご用意!日本酒のソムリエ「利き酒師」お勧めの秋の日本酒「ひやおろし」と共に、秋の夜長をお楽しみ下さいませ。

接待・会食・デートに、歓送迎会・忘新年会など各種ご宴会に、どうぞご予約・ご来店をお待ち申し上げております。ご予約は03‐6233‐7721まで!!!

【求人】
「新宿なごみ」では、次世代を担う和食料理人を常時募集致しております!経験に関係なくやる気のある方、目標のある方、とにかく元気で明るい方は、是非一度ごご連絡下さい!03‐6233‐7721(採用担当まで)

7/25は「土用の丑の日」

「土用の丑の日」と言えばやはりスタミナ満点の「うなぎ」ですよね!

関東風にふっくらと蒸し焼きにした極上の「うなぎ」を自家製のうなダレでご用意致しております!

おつまみに・・・うなぎの蒲焼き&白焼きの二色盛り合わせ

宴の〆に・・・うなぎの蒲焼き丼(小)

その他、夏の代名詞「ハモ・岩牡蠣・鮎・サザエ・鯵」など美酒と共にお召し上がりください!

接待や会食、暑気払い同窓会などの各種ご宴会に是非ご予約をお待ち申し上げております!

※「土用の丑の日」は混雑が予想されておりますので、ご予約をお勧め致しております。

夏の京料理を代表する「ハモ」を歌舞伎町の隠れ家で!

いよいよ夏本番の季節になって参りました!

夏の味覚と言えば、「鮎・カツオ・鯵・サザエ・うなぎ・ウニ・岩牡蠣・じゅんさい」等々ございますが、やはり日本料理を代表する夏の味覚に欠かせないのが「ハモ」です!

古くより「ハモ」は京料理を代表する食材として親しまれて参りました。「ハモ」という食材は「骨切り」という技術が必要の為、和食料理人の中でも取り扱うのに苦労をする食材です。

今では既に加工場にて骨切りをされてしまっている商品が出回っている世の中ですが、新宿なごみではしっかりと「骨切り」の技術を習得した職人が調理致しております。「ハモ」料理には「湯引き」と言われる調理方法が一般的ではございますが、新宿なごみでは「ハモの炙り」でのご用意も致しており、レモン塩でサッパリとご賞味頂くことができます。また、「ハモしゃぶしゃぶ」のご用意もご予約を頂戴すればご用意も可能でございます。自慢の鰹出汁にハモを潜らせ、自家製の柚子胡椒でご賞味下さいませ。

接待やご会食に是非、夏の京料理の代表「ハモ」を京都に行かずとも歌舞伎町の隠れ家でご堪能くださいませ。